どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に

どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのは自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。

この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないためとにかく数多くのインプラント治療にあたってきた経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。それにとどまらず、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、院内感染防止に努めている、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも重要なチェックポイントになります。

様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医に頼るしかなければ、国外までも探しにいくことも考えるべきです。

北欧諸国はインプラント先進国といわれ、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。長期間快適に使える歯を手に入れるため、可能性を追求して、できる限りの情報を手に入れるしかありません。インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんからその都度、費用がかかります。

普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診に通うのが一般的です。この定期検診に必要なお金は保険が適用される治療がほとんどを占めるため三千円程度かかることが多いです。従って、年間1、2万円くらいの出費は必要です。

インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。この点は、歯科医の技量や、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、どうなると言い切ることはできず、結局、治療してみるまで分からないということになります。

痛み止めの薬などを服用して、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、痛みの治まる気配がないときは、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。

インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。

ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。見た目の問題を考えるとどちらかというとインプラントが良いと言えます。また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという辛さもあるのです。

入れ歯の装着に違和感があるという方、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方に適用されるのがインプラント治療です。

インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。入れ歯に比べれば費用はかかりますが入れ歯よりも周りにわかりにくく、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。

あくまでも見た目、もしくは使った感じを重視する方には最適です。

インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、それと裏腹のデメリットもあります。

全ての患者に関わるのは、高額な費用です。

高額のケースでは、数十万円必要になることも覚悟してください。

そして、治療にミスや失敗があると健康被害が起きると、かなり深刻化するデメリットも忘れないでください。

まれな症例として、治療によって死亡したケースもありました。

どんな完璧なインプラント治療でも、治療が終わるとその状態を保たなければならず、デンタルケアを欠かさないことが重要です。

食後の丁寧な歯みがきによるプラークコントロールに注意を払い、さらに定期的な検診を欠かさず継続することを続けなければなりません。インプラントが虫歯になることはありませんが、ひとたびケアの手を抜けば歯周病になることは珍しくありません。

様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。

この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで全て歯科医の腕に任されているのでかなり治療実績には差があると考えられます。

インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だと言えます。

とにかく入念に、歯科医選びをすることが治療全体の大きな部分を占めます。普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、高額の負担が重くのしかかる方もずいぶん見受けます。

しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、デンタルローンなどの名称で信販会社のローンで支払いができる歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。手持ちの資金が十分でなくても、受けたい治療を受けることが十分可能になりました。重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。

既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させるのは必須です。美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も治療にかなりの危険が伴います。

今は、このような病歴があるからといって治療の可能性はゼロにはならないので不安がなくなるよう歯科医に相談してください。希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えずレントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。

ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするならもう少し粘ってみてください。最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかれば従来はできないといわれていた症例でも治療は決して不可能ではありません。

よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を探すことが必要です。

技術の進歩した今では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、それも皆無とはいきません。義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、歯がグラついて違和感を覚えるというケースも稀に報告されています。これは担当歯科医の技量の低さのせいといえるでしょう。

なるべくなら、インプラントを専門としている歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、ケアはそこで終わりではありません。ずっと使い続けられるかは、どうしても自分次第のところがあります。

劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、その通りのケアを心がけてください。

自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。

その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。

担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしましょう。人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんが治療後はほっておいていいということにはなりません。

インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病を引き起こすこともあるのです。

自分の歯のお手入れと同じように歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守ってまずは口腔内をきれいに保ってください。異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。

インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、一種類だけではなく、部品の接続形態によって複数のタイプに分類することができます。

人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるものが1ピースタイプです。

他に、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。よりメジャーである2ピースタイプは、そのコネクション部分の形状により、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプに分かれており、それぞれ特性が異なります。最近話題になることも多いのがインプラントです。しかし、気に留めておくべきポイントがあります。それは、誰にでも適用できる治療法ではないことです。

インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。

なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりするかもしれません。欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも噛んだときに安定しており、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、また嬉しいですね。

隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。

だからガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい強いものでもあります。

もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。

徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、前よりも口臭が気になるといった変化がままあるようです。

そうなる理由として、歯茎の合間に食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症しているケースもあり得るのです。

こうした症状に気付いたら、早期に診察してもらうことが大切です。

外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は手術箇所が落ち着くように、安静に生活するよう気をつけてください。日常生活でも歯に負担がかからないようにして、明らかに負荷がかかるレベルの運動は当分控えてください。

血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、再開する時期を、歯科医と話し合って共通理解しておくと良いでしょう。

長年放っておいた虫歯があり、抜くしかなくなってしまいました。

両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、インプラントの方が良いと考えました。結構な費用がかかるデメリットはありますが、自分の歯に近い使用感があるとのことでした。

インプラントで噛むようになり、しばらくして虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたのでインプラントが正解だったと思います。例外はありますが、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。

医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。

手間はかかりますが、年一回の確定申告によって治療費を収入から引くことができます。

確定申告をするときの注意点として歯科医でお金を払ったときにもらう領収書がお金を払った証明になるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。

費用や手間の面から考えても、インプラント治療は様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんにお薦めします。周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラント治療を選ぶしかない患者さんが多くを占めます。

インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。

ほとんどの患者さんは、手術後、違和感を感じるのが普通です。

腫れがおさまると違和感は薄れるため腫れが気になっても、舌などで触るのは止めてひたすら辛抱が大事です。

しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。

こうなれば我慢は必要ありません。

すぐに診療を受けましょう。

保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。インプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。

地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。また歯科医の評判によっても費用の差になってきますので、複数の医院の費用を調べて比較検討し、治療に取りかかることをすすめます。

歯科医院決定に大事なのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。

歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の歯根部からほぼ元通りになる義歯と人工歯根のことです。歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので強度や使用感が天然歯に近く、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療にお金がかかることは承知しておいてください。

ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けてのごく一般的なインプラント治療でも、どうしても院内感染のリスクは伴います。

このため、歯科医院を探すときにその医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが治療の成否に関わる問題です。

感染症対策について、具体的な取り組みをきちんとホームページに載せている歯科医院も確実に増加していますので、あれば必ず見ておきましょう。

新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。

その耐用年数は、原則的には一生持つとされていますが、現実的には、施術後のセルフケアと、担当医の技量によっても変わるようです。ろくに歯磨きもしないでいると、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。

口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなるとインプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、それだけインプラントの使用可能年数も短くなってしまいます。

失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点はもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。

他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、骨の中にインプラントが埋まらなければ再度、大がかりな手術を行ってはじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。

また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。

どんな問題がインプラント治療にあるかを皆さん、入念に調べたと思います。その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという話があったのではないでしょうか。それは本当のことではありません。

MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。

インプラントには主にチタンが使われており、金属といっても磁気には反応せず、MRI検査への影響はありません。

参照元